弁護士、税理士の転職 | ヘッドハンティング、スカウトのレイノス株式会社

RAYNOS

  • 会社概要
HOMEスカウトについて事例紹介案件検索法人のお客様はこちら
弁護士、税理士の転職
弁護士、税理士の転職をお考えの方へ

弁護士、税理士の転職動向

専門家であれど、供給過多により業界競争が激しさを増す。

弁護士の転職は、就職難や低所得化が深刻な問題となっています。政府が「司法試験合格者を毎年3000人にする」という目標を撤回したことで話題となりましたが、司法試験受験者数は2年連続で減少しており、法科大学院の定員割れが相次いでいます。さらに、今年発表の国税庁の調査によると、弁護士の22%が年収100万円以下であることが明らかになりました。この背景には、新司法試験制度により弁護士が急増したことや、不況の影響で訴訟が減少していることが挙げられます。かつては「高給取り」ばかりと言われていた弁護士ですが、現在は業界内の収入格差が広がっています。次に税理士の転職動向についてですが、財務会計事務所や法律事務所だけでなく一般企業からも一定の求人があり、税理士の資格を活かして活躍できるフィールドは幅広くあります。日本企業の国際化や会計業務の複雑化に伴い、税理士に対するニーズは多様化しています。一方で、地方では税理士の高齢化が進み、税理士の後継者不在の会計事務所が増えており、都心部の大手事務所が地方事務所を買収(M&A)するケースが増えています。

ページの先頭へ戻る

弁護士、税理士の転職で求められる人物像

深い知識だけでなく、営業力やコミュニケーション能力が求められる時代へ

求められる人物像

弁護士の転職において最も重要なポイントは「①営業力、②コミュニケーション能力、③起案能力」の3点です。弁護士の急増により、事務所に座ったままで依頼が来る時代は終わりました。転職を考えておられる弁護士の方々は、法曹としての深い知識はもちろんのこと、自らの力で積極的に仕事を取りに行く「営業力」や、顧客と良好な信頼関係を築く「コミュニケーション能力」が求められます。また、インターネット等の普及により一般人にある程度の法曹知識が浸透しているため、顧客が弁護士の言うこと全てに納得してくれるとは限りません。従って、顧客が何を求めているかを考え、顧客の立場に身を置いた的確な提案をする「起案能力」も必要です。税理士の転職については、現在企業側が求めているのは、税理士という資格者ではなく、“税理士の資格をもったビジネスマン”です。正確で迅速な税務能力はもちろんのこと、経営の相談役としての役割も求められるため、顧客の様々なニーズに応えられる幅広いスキルとコミュニケーション能力が求められます。英語力などの得意分野があれば強みになりますし、マネジメント力を発揮できれば大きな武器になるでしょう。

ページの先頭へ戻る

弁護士、税理士の年収

高年収の代表的職業。急増を背景に、収入格差が拡大

弁護士・税理士は、共に難易度の高い専門職ということもあって、全職種の中でも年収・給料は高水準となっています。
弁護士の平均年収は全職種の中で相対的に見れば高年収ですが、新司法試験の制度へ移行してから弁護士の数が急増し、平均年収は年々下降傾向にあります。2005年度の弁護士の平均年収が約2,000万円だったのに対し、2012年度の平均年収は半額以下の約650万円にまで落ちています。2012年度の国税庁の発表によると、年収1,000万円以上の弁護士が全体の約3割を占めている一方で、年収100万円以下の弁護士が全体の約2割を占めており、業界の収入格差がますます拡大しています。弁護士の急増や訴訟の減少に伴い、司法試験に合格したばかりの新人弁護士が高所得者になるまでの道のりは一層険しいものになっています。大金を支払って労力と時間のかかる訴訟を起こすのであれば、実績のある弁護士に依頼したいという顧客の思いから、「特定の弁護士に依頼が殺到する」傾向が強まっています。弁護士として求められる仕事や能力は複雑化していく一方で、報酬単価はどんどん下がっており、弁護士業界の熾烈な顧客獲得競争が激化しています。資格があるだけで一生安泰というわけではなく、自ら積極的に営業活動を行い、仕事を得ていかなければなりません。弁護士資格はゴールではなくあくまでもスタートなのです。とはいうものの、高所得者の弁護士は依然多く存在しており、ベテランの渉外弁護士の年収は、数千万が当たり前、非常に有能な人であれば年収が1億に届く人もいます。次に、税理士の平均年収は、約700万円と言われています。開業税理士か事務所勤務の税理士かで収入は大きく異なります。会計業務所の転職では、実務経験やマネジメント能力の高さが優遇される傾向にあります。年収にはかなりのバラツキがあり、経験に応じて300万円前後という税理士もいれば、1,000万円以上の高所得者も数多くいます。英語力に長けている方は、コンサルティング経験を活かして、500万円~1,000万円の所得を得ることができます。金融機関勤務の場合、税理士資格を取得することでキャリアの幅が広がりますから、更なるキャリアアップや転職で高収入を見込めます。

ページの先頭へ戻る

スカウト・ヘッドハンティングによる転職のメリット

スカウトによる転職のメリット

レイノスのスカウト・ヘッドハンティングは、クライアントの社長から直接依頼を受けてその右腕になるような方とお引き合わせし、ご移籍をお手伝いするエグゼクティブ・サーチ型のスカウトです。あなたのこれまでのご経験や実績、能力などを専任のエージェントがヒアリングし、数ある案件の中からあなたの力を最大限に発揮できるミッション・プロジェクトをご紹介させて頂きます。

ページの先頭へ戻る

スカウトに関するお問い合わせはこちら

レイノス株式会社とは

レイノススローガン

スカウトによる移籍は、あなたの人生と企業の未来を大きく左右するイベントです。

「適材適所」という言葉が意味するように、能力のある優秀な人材と、それを最大限に生かせるフィールド。このマッチングこそが、幸せな未来を生み出す原動力であり、この流れを日本中、世界中に広めていくことで、ロマンある“社会”の建設を実現する。
これがレイノスの役目だと考えます。
スカウト・ヘッドハンティングによる移籍・転職というものは、ご本人様にとっても、また受け入れ先の企業にとっても双方の未来を大きく左右するイベントです。レイノスが架け橋となり、完全なマッチングを実現して、双方に明るい未来をもたらす。
そんなお手伝いをしています。

社名 レイノス株式会社
資本金 6億4000万円(資本準備金含む)(グループ連結)
設立 1997年10月1日
本社 〒104-0031
東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン7F
Tel. 03-3275-6633 (代) Fax. 03-3275-6634
従業員 700名(うち正社員500名)(グループ連結)

スカウト・ヘッドハンティングによる弁護士・税理士の転職実績

転職事例1

東証一部上場企業への移籍、年収500万円アップ

case 移籍前 移籍後
年収 1000万円 1500万円
役職 部長 部長
業種 モバイルコンテンツ制作 不動産・建築
上場区分 マザーズ 東証一部
売上高 約120億円 約1兆円
従業員数 100名~200名 1万名~1.5万名
転職事例2

年収300万円アップ

case 移籍前 移籍後
年収 1000万円 1300万円
役職 課長 課長
業種 特許事務所 特許事務所
上場区分 未上場 未上場
売上高 約25億円 約30億円
従業員数 50名以下 50名以下
転職事例3

メンバーから、主任(リーダー)へポジションアップ

case 移籍前 移籍後
年収 400万円 500万円
役職 なし 主任
業種 システム開発 システム開発
上場区分 ジャスダック 未上場
売上高 約200億円 約50億円
従業員数 1000名~1500名 300名~400名

ページの先頭へ戻る

弁護士、税理士、専門職担当のスカウトエージェントより

新しいフィールドとチャレンジ精神をもって、専門家としてのご移籍を

弁護士・税理士担当エージェント

弁護士や税理士を始めとする専門職は、業界の垣根を越えてニーズが多くあります。従いまして、いざ転職となった場合、どの業界の企業へ移籍するかでお悩みになられるケースが多く見受けられます。非常にお忙しい日常をおくっておられる弁護士、税理士のみなさまが、色々な企業の情報や業界動向などをお調べするのは大変だと思いますので、是非私どものスカウト・ヘッドハンティングサービスをご活用頂ければと思います。
現在の日本は専門職だからといって、安心できる時代ではありません。これから先の人生において、一番ベストな選択ができるよう、さまざまな選択肢をご用意させて頂くことが私どもの役目です。是非、転職、ご移籍をお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る

スカウトに関するお問い合わせはこちら

このページを見た人は下記のコンテンツも見ています。

スカウトについて

スカウトについて...

レイノスのスカウトは、クライアントの社長から直接依頼を受けてその右腕...
続きを読む
案件検索

案件検索...

当社がクライアント各社からお預かりしている案件のうち、一部をご紹介しております。..
.(続きを読む
ページの先頭へ戻る
Copyright © RANOS Inc. All Reserved